So-net無料ブログ作成

戊辰戦争 《 幻の東北列藩・プロイセン連合 》 [雑 感]




2010年10月、ドイツで驚きの外交文書が見つかった。

それによると戊辰戦争(1868~69年)の勝者と敗者は逆になっていたかも!?幕末史の知られざる謎に迫る。



戊辰戦争のさなか、プロイセン(現在のドイツ)の駐日公使から、本国の宰相ビスマルクに送られた1通の書簡。



そこには「軍事支援の要請」と、その見返りに会津藩と庄内藩が

「蝦夷地(北海道)をプロイセンに売却したい」という意向を伝えてきていることが述べられていた。


両藩が、ひそかに、そうした外交に乗り出していた背景には何があったのか?なぜ、

ビスマルクはその提案を受け入れなかったのか?  


--------------------------------------------------------

BS歴史観を拝見して思った事。

戊辰戦争のさなか、フランス・ドイツ・イギリス・アメリカ・他の国々が、混乱していた日本の状況を詳しく知っていたんですね。


戊辰戦争終結後、会津藩の家族がサンフランシスコに、移り住んだとか。

南北戦争終結後、銃などの武器を会津藩に売却? などなど、疑問は膨らむばかり、


会津藩は諸外国からも注目されており、タラレバで考えると、もっと早く武器を手にしていレバ、もっと日本が世界の情勢を知っていタラ、戊辰戦争無かったかも知れない。



いずれにせよ、戊辰戦争は、矜持など、窮屈で悲惨な戦争であり、失ったものは、あまりにも大きい。


       後光 001.JPG








.
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。