So-net無料ブログ作成

血管に必要な一酸化窒素(NO) ! とは? [健康の話]





  一酸化窒素の働きとは?



血流を促すNO(一酸化窒素)の生理活性を発見したルイス・イグナロ博士が来日
「生活習慣病の疑いがある人はNOの重要性を知ってほしい」




 一酸化窒素(NO)が血管内皮細胞で生産され、血管の平滑筋組織に働きかけて血管拡張に作用することを発見、


1998年にノーベル賞生理学賞を受賞したルイス・イグナロ博士がこのほど来日。5月11日、『日経ヘルス』が単独インタビューを行った。
 
 イグナロ博士は、米国や欧州、日本などで肥満や糖尿病予備軍が増え続けていること、
米国ではここ15年で心疾患で死亡する人間が倍増したことを指摘。


これに対し、「NOは血流を促すだけでなく、動脈硬化や高血圧の予防、脳の記憶中枢にも働きかける。
特に生活習慣病の疑いがある人は、NOの重要性を知ってほしい」とイグナロ博士は語った。



 現代人は精神的なストレスのほか、身体的ストレスもためこんでいる。
不規則な生活スタイルや乱れた食生活で、体にストレス負荷がかかると、体内でフリーラジカル(活性酸素)が生まれる。



フリーラジカルが脂肪酸を攻撃して過酸化脂質に姿を変えると、細胞や体内に入りこんでダメージを与える。
 NOはこのフリーラジカルを相殺するが、NO本来の働きが打ち消されてしまい、結果、血流が滞ってしまう。


この状態が続くと、内臓脂肪の蓄積や血圧の上昇などの症状が重なり、
生活習慣病のリスクが高まる「メタボリックシンドローム」に結びつく。


血管に必要な一酸化窒素(NO)とは?

古今亭志ん生 師匠に興味のある方
「井戸の茶碗」 古今亭志ん生

「 寝 床」 笑うと、免疫力が高まる
         
鉄拳に興味がある方、涙で心の掃除
「 パラパラ漫画 」






.
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。